セリューション豊胸術・バストアップ専門|自由が丘MCクリニック

豊胸術比較

豊胸術比較について

  脂肪幹細胞移植 ヒアルロン酸注入 自己脂肪注入 豊胸バッグ
サイズ
2カップ程度
×
1カップ程度
×
0.5カップ~1カップ程度

2カップ~
感触
本物の胸と同じ

本物の胸に近い

本物の胸と同じ(ただし後々にシコリができる可能性がある)
×
本物の胸に近いが違和感は残る
異物反応
ない

低い

ない
× カプセル拘縮が起こる可能性がある
持続期間
長い
×
1~2年
×
短い

比較的長い
マンモグラフィー検査
問題ない

吸収されず残った場合、胸の感触が固くなることがある

石灰化しシコリとして残ると癌と間違われることがある
×
レントゲンに薄く写り、通常断られるが、無理に行うと破損の危険がある
海外での状況 ヨーロッパで行われている 広く行われている 海外ではほとんど行われていない アメリカと日本などでは広く行われている
本院での価格 200万円 60万円~120万円 取り扱ってない 取り扱ってない
平均価格 50万円~150万円 50万円~100万円 70万~130万円


脂肪幹細胞移植まずなによりも安全だということです。


注入するのはご自分の脂肪組織です。
従って、豊胸バック法のようなカプセル拘縮といった異物反応などのトラブルはほとんど起こりません。 また、従来の自己脂肪注入法のように全くなくなってしまったり、固いシコリができてしまうこともありません。


そして、将来乳ガン検診を受ける際もマンモグラフィー検査を行うことも可能です。 当院では、将来的に患者様が後悔されるような豊胸法は行いません。