セリューション豊胸術・バストアップ専門|自由が丘MCクリニック

豊胸術種類

再生医療によりセリューション豊胸術

乳がん患者さんのために開発された再生医療を美容整形に応用しています。 セリューション豊胸術(脂肪由来幹細胞移植)なら自分の脂肪から抽出された幹細胞のみを使用するため、安心、安全、
しかも自分のバストとして効果は半永久的に続きます。


 メリット

  • 触られても違和感がないです。
  • ナチュラルな柔らかさが再現出来ます。
  • 元々医療として行われた施術なので健康が害する危険がありません。
  • 自然の胸と同じ状態なので、年齢の割に張りがありすぎる不自然な胸になりまません。

 


デメリット

  • 他の施術と比較すると高額な診療となります。

 

豊胸バックの使用

シリコン・コヒーシブといわれる、内容物が寒天状のシリコンを利用したプロテーゼが一般的に使われます。今までの内容物であるシリコン・ジェルタイプのものはプロテーゼの外側が破裂するとシリコンジェルが身体に流れ出て、周囲組織に硬い変形を起こす事がありました。しかし、シリコン・コヒーシブはこの心配が余りありません。
いわゆる「シリコンバッグ」を乳房に注入する従来の豊胸術です。


メリット

  • 比較的安価で施術が出来る。
  • 昔と比較し安全性が多少向上している。


デメリット

  • 自然な乳房と比較し、形が不自然になりやすい。
  • 拘縮すると乳房が硬くなる。
  • 長期に渡り乳房の形状を維持する事が難しい。変形することがある。
  • 異物を体内に挿入する手術なので、身体に影響を及ぼす可能性があります。

プチ豊胸(ヒアルロン酸)

プチ豊胸手術(バストのプチ整形)とは、乳房にヒアルロン酸を注入して、バストアップをする方法を言います。


メリット 

  • 安価でバストアップが出来ます。
  • ヒアルロン酸を注入しているので身体への影響がないです。
  • 簡単な施術(注射)で施術が出来ます。

 


デメリット

  • 身体がヒアルロン酸を吸収してしまうため、短期間しかバストアップが実現出来ません。
  • 多少のサイズしか大きく出来ません。