セリューション豊胸術・バストアップ専門|自由が丘MCクリニック

| 豊胸バッグの合併症 |

豊胸バッグトラブル:拘縮
文章で説明するより写真を見て説明しましょう。

写真1 写真2


左側は「拘縮」と言って、異物であるバッグに体が反応して、バッグの周りが硬い膜に覆われる結果、生じるものです。(これは見た目もわかるぐらい ひどいケースです)
この厄介なのが、術後すぐに現れない点です。術直後は、キレイな形なのですが、時間とともに手術の手技にかかわらずこのような結果になることがあ ります。


拘縮の診断


カプセル拘縮に対し、バストの硬さ、見た目などを基準にしたBaker分類というものがあります。
グレードI ストは普通の硬さで、見た目も自然。
グレードII バストは若干硬いが、見た目は自然。
グレード III バストは硬く、見た目はゆがんで見える。
グレード IV バストは硬く、痛みもあり、見た目もゆがんで見える。
豊胸バッグのトラブルの参考ブログもご覧ください→豊胸バッグのトラブル