セリューション豊胸術・バストアップ専門|自由が丘MCクリニック

| 豊胸バッグの合併症 |

シリコンバッグ取り出し後
この現実を直視できますか?
バッグを入れる豊胸術は、簡単で術後すぐに効果が確認できます。(少し腫れていますので、多少大きいのですが) 往々にして、患者さんは目先のことだけに集中しがちです。「大きくしたい」と思ってしまうと、あとのこと(手術後)は何も見えなくなってしまう傾向にあります。
長期で見れば、ほとんどの方が何かしら合併症が生じます。 1年、2年は大丈夫でしょう。(短期でも合併症を生じる方ももちろんいっぱいいます) でも、5年後は?10年後は?
「何か不都合が起きれば、取ればいいだけじゃないですか?」
ホントにそうですか?取るだけでいいですか?
次の写真を見てください。
前述のように、結局バッグを取るとこのようになってしまいます。
バッグを長期に入れていると皮膚が伸びます。 バッグを取るのはいいけど、皮膚は伸びたままなのでこのようになってしまうのです。 ちなみに、このたるみ、戻りません。