セリューション豊胸術・バストアップ専門|自由が丘MCクリニック

| 豊胸バッグの合併症 |

乳がん検診と豊胸バッグ

みなさんは、乳がん検診したことありますか?
30歳以上の方は受けたことがあるかもしれませんね。
日本国内では、なんと女性の20人に1人がかかると言われています。
20人に1人ですよ!


さて、乳がん検診の一般的な検査は、マンモグラフィーといわれるものです。
どんなものかというと…検査の時、乳房を根元から引っ張ってくるようにつぶして検査します。
乳房をこんなにつぶす?
バッグ入れた状態でこんなにつぶせると思いますか?
特に大胸筋の下に入れた場合は、乳房の根元まで現実的につぶすことができません。
通常に触っても乳房に柔軟性がないからです。


乳がん検診で、バッグを入れている場合、 検査(マンモグラフィー)を拒否する医療機関・医者もいます。
バッグが入っていると正確に診断ができず、保証もできないからです。 (今や検査で発見できなかったと訴えられる時代ですから、 あえて、バッグを入れているひとを拒否するのもやむを得ないのかもしれません) また、マンモグラフィーで「乳がん」が発見できない可能性にも触れましょう。 乳房内にバッグがあると、そのバッグ邪魔になり透過性も薄れ、 「微小」がんが発見できないこともあるのです。

先ほども書いたように、今や乳がんは女性の20人に1人がかかると言われています。
早期発見できれば、死に至るということもありません。
ただし、バッグを入れているがために検診を躊躇してしまったり、 検査をしても「微小」のものは、バッグが邪魔をして見逃されてしまう可能性もあるのです。
また、疑いのある場合は生検(針で組織片を取り、顕微鏡で悪性の有無をみる)を行うことになるのですが、医療機関によっては、「バッグを取ってか らでないと検査は行わない」と言われることもあります。
バッグを入れると決めたら、目先のことしか視野にはいらないものです。
数年後のことまで考えることができないのが現実でもあるのでしょう。


豊胸バッグを入れている人が、乳がんにかかりやすいというのはアメリカの疫学調査では否定されました。
乳がんが発症するのは、バッグを入れてひとも入れていない人も発症率は同じと言われています。 ただし、早期発見できるか否かは別問題です。